流鏑、鳴鏑等かぶらやの先き、鏃の手前に着ける一種の鳴器である。角または木で作り形は球または、楕円形のものが多く中空にてして之に数個の穴を穿つ。矢羽は四立で走羽は鷹の羽、小羽は山鳥の引尾を剥ぐを常則とする。鏑矢も陽陰一手とし、「開戦の合図、儀式などでに用いられ射ると矢は風を切って飛び鳴音を発するその鳴りひびくさまをたとえて、故 弓道教士 八段柳原光春先生が称讃し、「かぶらや」と命名された。

甲冑は先生の手作りです。戸倉の自宅 庭にて