本文へスキップ

鶏鴨料理かぶらやでは、おすすめの各種鍋料理(要予約あり)は一年を通して美味しく召し上がれます。

コンセプトconcept

コンセプト

当店は鍋料理専門店(要予約あり)で一年を通して美味しくお召し上がり頂けます。 上田市 かぶらや 創業36年親の代より変わらぬ秘伝の味で、 地域の郷土料理や自慢のこだわり鍋をご用意しております。
鍋というと冬のイメージが強いですが、コラーゲン豊富で美容と健康に 最適な鍋・エネルギーの補給にスタミナたっぷりの鍋など、 1年を通して人気がございます! 県外のお客様は開店当初より暑い夏でも鍋料理のご予約多かったのですが、 地元のお客様も近年、冷房の中でアッアッの真夏にお鍋のご予約が増え、 冷房中のお部屋でアッアッのお鍋を食して頂けるようになりました。
続けていてよかった~!!と思える瞬間です。
各種鍋物類
■「とり鍋」「かしわ鍋」「信州黄金シャモ鍋」 …みそ醤油仕立て・卵付《お好みで 七味》
■「鴨すき鍋」「信州黄金シャモすき鍋」 …割下・かしわスープ・シャモ油・卵付《お好みで 七味》
■「鴨しゃぶしゃぶ鍋」 …煎茶汁・ポン酢《お好みで薬味 紅葉おろし にんにく 七味》
■「水炊き鍋」…かしわスープ・ポン酢
《お好みで 薬味 紅葉おろし 生姜 七味》 全てのなべ類に地場産野菜付き 冬はもちろん体の芯から温まる鍋類ですが、 暑いときに熱いものを夏バテ解消にと多く食されています。 ボリューム抜群!鍋によりますがご飯と共に、 又、締めはうどんやラーメン・雑炊と 最後の一滴まで美味しく召し上がれます。
フランス鴨(バルバリー種)・鶏は特選朝引鶏・信州黄金シャモは信州ブランド品を使用しています。 父鶏には歯ごたえがあり最もおいしいという「シャモ」、 母鶏には歯ごたえとコクに定評のある「名古屋種」を交配して開発された信州独自の地鶏です。  深い味わいの信州黄金シャモ『歯ごたえ・うま味・風味』の三拍子。
信州黄金シャモブランド地鶏
☆ ... 自家製かしわスープ・みそ醤油タレ・割下と三種類の味、ご賞味いただけます。 お米は、限られた土地のみで作られるお米、浅科五郎兵衛米「コシヒカリ」を使用しています。 「幻の米」とも言われ、蓼科山より清流を運ぶ五郎兵衛用水、 浅科の強粘土質な土壌で育ったお米は、 粘りと甘みが強いのが特徴です。
一年を通して健康的にお召し上がり頂けます。
☆ ... 接待・祝席・記念日・ご家族・お友達・恋人とお熱く、 少人数で召し上がれ! おもてなしに大人気! 1人前適量な肉と野菜を配慮してのリーズナブルな価格でご提供です。 鍋ものは1人前単位の2人前からですが、人数の半数を目安にご注文でも喜んで承ります。 どうぞ、自慢の各種鍋料理をお楽しみいただけますように。

塩へのこだわり

料理イメージ

塩のこだわりは創業時より最強の塩「ヒマラヤピンク岩塩」清浄性が高く、かつ豊富なミネラルを含む塩です。

鶏の内臓レバー・心臓・砂肝 下処理のこだわり ※youtubeでもご覧になれます。 

      動画:鶏の内臓下処理 皆さん挑戦して!?

鶏の内臓はくせががなく、扱いやすいですよ!
一羽の鶏から取れる内臓の歩留まりだいたい5%弱、
一般に、肝臓(かんぞう)は、レバー、
砂肝
(すなぎも)筋胃の事を指します。
丸い形の脾臓(ひぞう)、背肝(セギモ)希少で10g前後
(腎臓)です。心臓(やきとり屋さんではハツ・こころ・ハート)心臓は血のかたまりを取り除くことが旨味につながります。
心臓を水又は牛乳にしばらく浸したから血抜きが出来たと、
勘違いされてる方が多い様ですね。
カットして、血のかたまりを流水で洗い流す方が、鮮度が保たれます。


手羽先の加工細工へのこだわり ※youtubeでもご覧になれます。


動画:手羽先の加工細工の仕方

鶏の中であなどれない部位(パーツ)ですよ。
栄養・旨味・安い三拍子揃い組みです。
脂肪がほど良くつき、味にもコクのある部分。
煮込みものや鍋もの、揚げもの、
スープを取るにはイチオシ!!
ご家庭でぜひ使ってほしいですね!
料理のレパートリーがふえ、
お母さんのカブが上がりますョアルミ箔に包み蒸し焼きにし、
お弁当にいかがですか。

画像説明こちら


かしわすーぷへのこだわり  ※youtubeでもご覧になれます。

動画:かしわすーぷ スープのとり方

魔法のスープ」魔法とは薬膳だっのだ!
おいし~いスープが出来ました。
鶏ガラスープのとり方濃厚かしわスープ
ぶつ切りもスープ同様沸騰した湯に入れ10位炊き
表面の身をしめアク出しをし、一旦火を止め穴あき
アルミボールに静かに流し込みぶつ切りを流水で
アクをとり、又、水からぶつ切りを炊きます、
沸騰して20分位で火を止めそのままの状態で2時間は置きます。


鶏の解体講習会へのこだわり  ※youtubeでもご覧になれます。

動画:鶏の解体 鶏肉専門店の講習会の様子‎(2011‎年‎11‎月の整理投稿)

淡白でくせがなく、栄養価のすぐれた鶏肉は世界の人々
に愛されている食肉です。
鶏の原産地の東南アジアをはじめ、各国色々な地方地方
によって昔から親しまれています。
私の父が戦後養鶏を始め40年前はここの場所で、
ニワトリが平飼いで庭じゅうを歩き回っていたものです
(5~6百羽位いました。)三つ葉やミミズ・貝殻を餌にして、
ようは自然飼育だったのです。だから、肉もしまり、味にコクがありました。
【でも小学生の頃の私にはコクでした。昔は(;o;)今は(^v^)です】
ブロイラーとは?
いま国内で買える鶏肉のほとんどは、いわゆるブロイラーです。
もともとアメリカから合理的かつ近代的な方法でブロイラーが育てられる
ようになったからです。
今では肉用の若どりはすべてブロイラーと呼ばれています。
日本では「正肉」(しょうにく)骨なし肉、肉用若どりの総称として”ブロイラー”
と呼んでます日本のブロイラーは、生後55~60日くらいで出荷されます。


信州黄金しゃもへのこだわり ※youtubeでもご覧になれます。

動画:信州黄金しゃも中抜き      

父鶏には歯ごたえがあり最もおいしいという「シャモ」、
母鶏には歯ごたえとコクに定評のある「名古屋種」を
交配して開発された信州独自の地鶏です。
長野県地域ブランドのひとつとして、自信を持って
おすすめする信州の食材のひとつです。
県のHPでは「とりかえしのつかない美味しさ」と呼んでいます。
どうぞぜひ一度、ご賞味ください。